CSSを使用するメリットとは?

CSSを使用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。
まず、CSSを利用することで、文書の見栄えなどを制御することが出来ることになります。すると、文書のスタイル、そして構造などを分離して、管理が出来るようになると言えるでしょう。
このため、メリットはさまざまであるといえるでしょう。まずは、文書の構造を保ったまま、スタイルを指定できるというメリットがあります。
これらの文書のスタイルを制御する場合、HTMLだと、文書構造がわかりにくくなることがあります。しかし、CSSを使用すると、文書の構造に影響を与えません。このため、スタイルが制御できますし、文書構造もわかりやすいまま保つことが出来ます。
さらに、メンテナンス性も向上するといえるでしょう。
CSSでは、スタイルを共有することが出来ますし、複数の文書でも一括で管理することが出来ます。このため、メンテナンス性がアップすると言えるでしょう。
さらに、スタイルを指定することによって、余計な文書を排除することができます。そして、ページを軽量化できます。こういった改善によって、SEO対策にもなりますし、アクセシビリティの向上も期待できると言えるでしょう。